PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
犬山城
いやはや、3ヵ月も経ってしまいました。
2月8日、名古屋で一泊したのでライブ開演までの時間潰しとして、犬山城へ行ってきました。

この日、午前中は残念なお天気だったのですが、犬山城付近はマラソン大会だったらしく、城下町は人が凄かったです。

帰りは人がまばらだったので、城下町の風景を撮ってみました。



私が行く何日か前?に火事があったらしく、焼け落ちた建物もありました……。



さて、そんなこんなで門前へ到着。入場料を払って中へ。





国宝・犬山城。
大きなお城ではないので迫力はないかもしれませんが、天守が現存する日本最古の様式とだけあって、とても歴史を感じる佇まいです。重みが違うわ。
同じ愛知県内のお城の中で代表格の名古屋城より、私は断然こちらの方が好きですね。

暫しの間、外観を眺めてからお城の中へ。
城内は土足禁止なので、入り口で靴を脱ぎます。スリッパの貸出しがあるんですが階段登るとき滑るかなーと思い、そのまま入ったところ、この日は寒くて床が冷えきっていて、タイツだと爪先が酷く冷たかったという……。

城内はこんな感じ。





階段はこの角度なので、昇降の際はお気をつけて。
お城ではよくあることですが。






天守閣到着です。見晴らしが素晴らしい。
木曽川の向こうは岐阜です。

ここ犬山城は、春になると桜が綺麗なのだとか。
私が行ったときはまだまだでしたが、少し前まではとても綺麗だったんだろうなあ。
また機会があれば、今度は桜が咲く頃に行ってみたいものです。
posted by: サスラ | お出掛け/ライブ/イベント | 17:19 | comments(0) | - | - | - |
GRANRODEO LIVE TOUR 2015 カルマとラビリンス 2/7、2/8名古屋2days
仕事が忙しくブログを殆ど書けない状態で随分日にちが経ってますが、GRANRODEOのカルラビツアー愛知、両日行ってきました。





カルラビ様の万華鏡?みたいなオブジェ。

ツアー初日の1日目は5階席センター最前列、2日目は1階席の真ん中くらいの座席でした。

BPB~silenceの流れがとても好きで。BPBは弦なし曲なので、きーやんとバルさんのみでスタート。
セット上部からマント羽織ったきーやんが登場して、silenceでバサァッ!と脱ぎ捨てるところが最高に厨二で笑……かっこ良かったです。
終盤でヅカさん登場、床からギター出てきて掲げて、そこからsilenceの流れは痺れました。

今回MCは少なめだけど、その分じっくり曲聴けて、セトリも全体的に盛り上がるけどライブハウスほどデスセトリでもなく、ホールらしい構成でした。
ただ、1日目は5階席の最前だったので、シャニムニもbbbもmscも、ノリノリな曲で動けなくて。
何が悔しいって、アンコでワンスが来たのに立てなかったから不完全燃焼だったことだよ!!
こればっかりは仕方ないとはいえ、動きたくてモジモジしてました。
でも、5階席最前の良さもあって、きーやんもヅカさんもよく気にかけてくれたり、手を降ってくれたから、良い面もありました。
まあ、2日目はなかなか良い席だったし、PPPH枠の愛戦士も気持ちよく動けたからいいか。

禁煙効果なのか、きーやんの声の調子が良く、ドンゲやアコステの追憶は聞き応えありました。
うっかり歌詞間違いは、生歌の証拠ということでご愛嬌。

あと、合法が今回無くなりましたね。ちょっと寂しいけどこれはこれで新鮮かも。
代わりにワンカラで「ブーンブーンシャカブーン」をやりました。1日目で学習したのか、2日目は色々煽りのアレンジもあったっけ。

今回のツアーは勿論カルラビの曲メインのセトリで、両日入れ替わったのは3曲だけ。
1日目……センラバ、NPLS、ワンス
2日目……スパノバ、HEAVEN、愛戦士
でした。キラキラ系の中でも特にセンラバ好きだから嬉しかったな。

続きにセトリです。
続きを読む >>
posted by: サスラ | お出掛け/ライブ/イベント | 23:21 | comments(0) | - | - | - |
沼津港深海水族館
もうだいぶ経ってしまいましたが、1月22日に沼津港深海水族館へ行ってきました。



2年以上前から行きたかった沼水。
去年は行こうとした日に問合せしてみたんですが、最大のお目当てのメンダコがいなかったので諦めたんです。
でも、恐らく問合せが多かったためか、今回はホームページにメンダコがいるかどうか記載されてたので、いることをきちんと確認して、当日は生憎の雨でしたが、いざ出発。

大きな水族館と違って、こじんまりしてます。
さっと見るだけなら30分程で終わってしまうのではないかというくらいの規模。

1F入ってすぐの水槽では、珍しいフジヤマカシパンが!



そこから進むと同じ種類の深海の魚と浅瀬の魚を比較して展示してありました。



ヌタウナギ(深海)とチンアナゴ(浅瀬)の比較。





お魚いろいろ。









石垣島の海コーナーがあった。



この、シーサーの口から出てきてる魚は性転換するらしい。



こっち見てるw

大水槽。駿河湾の展示。





写真ではあまり伝わりませんが、タカアシガニでけぇ……。

大人気のダイオウグソクムシ。



運良く前足?を細かく動かしている姿を見られましたが、それからは全く動かず……。

そして!!お目当てのメンダコちゃんとご対面。5匹いました!うち3匹はとても元気で、耳のような部分をぱたぱたさせて泳いでました。
あーーー!可愛すぎるー!!メンダコだけでも30分は見てましたね。
ただ、撮影禁止なので生きているメンダコの写真は撮れません。





こんな状態なら展示されてます。
あと、ヒカリキンメダイのプラネタリウムがありました。キラキラしていて綺麗だった〜。

1階を後にして2階へ。
ここでは透明な魚や透明標本の展示と、沼水最大の名物であるシーラカンスの冷凍標本の展示があります。







生きた化石と言われるシーラカンス。初めて見ましたが、とにかく大きい。迫力あります。
こんなに大きくても脳はたったの5グラム!まだまだ謎の多い生き物です。不思議だ。
近くには、シーラカンスと生態系が似ているとの理由から、水族館なのにハリモグラいます。無理矢理な感じだけど。



透明な魚では、トランスルーセントグラスキャットが一番印象的でした。スケスケだぜ!



買ったお土産はこちら。
メンダコ、シーラカンス、ダイオウグソクムシに靴下(メンダコとラブカ)、メンダコクッキー。
メンダコちゃんとっても可愛いのだけど、本物のあの可愛さには敵わないですね。

深海魚のみの展示というわけではありませんが、珍しい魚をたくさん見られます。日によって新しい魚が仲間入りしてることもあるみたいなので、ラブカとかユウレイイカを一度生で見られればなぁ……と思います。
posted by: サスラ | お出掛け/ライブ/イベント | 00:07 | comments(0) | - | - | - |
初詣
昨日、初詣に行ってきました。
職場の人おすすめの神社で、年末にも一度行ったのですが、特別大きくはないものの歴史は古く、穴場的な神社です。
鳥居を跨ぐと、神社の敷地だけが周囲から切り取られたかのように清廉された空気で満ちていて、私もすっかり虜になってしまい、初詣はここにする!と決めていました。

お参りして、お守りを購入。
そして年始の運試しにおみくじを引きました。



結果は大吉。
何故だ、おみくじ大吉率の高さ……。
まあ、当然ながら、肝心なのはその内容ですね。

「思い通りになる運です。短気をいましめ身を正しくし 何事にも心平らかに海原に波の立たない様に人と競うことなくよく相談して事を進めなさい。交通事故等には殊更気を付けましょう」

だそうです。
有り難いお言葉ですね……。肝に命じました。
交通事故は昨年車を運転し始めてからというもの、リスクが間違いなく増えていますし、自分でも怖いなと思うときが多々あるので、本当に気をつけたいと思っています……。
仕事で使わなきゃ極力運転したくないんですけど、ね……。田舎だから車ないと不便なのは辛いですが。

あとは、願望については今の苦労が幸せの源となる、と。
今の苦労……というと、真っ先に仕事のことが思い浮かびました。
正直、この仕事は長く続けられると思ってはいないので辞めようかとは考えてはいますが、もう少しここで、頑張るべきなんだろうか。

恋愛については、高ぶらず慎みの心で結ばれるよう祈るべきなのだとか。
慎みの心……祈ってみます。
posted by: サスラ | お出掛け/ライブ/イベント | 22:57 | comments(0) | - | - | - |
04121112 PEGASUS YOU
10年前の2004年12月12日、私が初めてバンプのライブに行った日でした。



10年前のチケット。
いろいろと書き込んであるのは若さの証拠……。
しかし、チケ代4,500円なんて今じゃ考えられないような値段だ。

今でも当時のことは、はっきりと覚えています。
私は高校生で、ライブ自体行くことが初めてで、事前にネットのマナーサイトで物凄く予習しました。
動きやすい服装で、スニーカー履いて、当時のバンプは黄色い声がご法度だったのでそういうのは言わない、とか頭に叩き込んで。
前日に同級生と共に千葉入りし、同級生の親戚が船橋にいたので泊めてもらって。
翌朝幕張まで行って、朝マックの時間から物販のために並びましたね。
幕張は海からの風が寒くて辛かったなぁ。

入場して、グッズ買って。
開演してオングロが流れてきたとき、夢にまで見たバンプのライブが始まったことが嬉しくて、絶叫して。
ステグラからの天体観測は、動きすぎて酸素薄くて苦しかったことだけやたらと記憶しています。
新曲やります、って言ったから、まじで!?って思ったら、夢の飼い主だったこととかもw

本編終わって、電車の時間があり途中で抜けて、ガラブルを出口付近で聴きながら泣く泣く駅まで走りました。
本当は最後まで聴きたかった……。

ちなみに、当時のセトリ。

1. オンリー ロンリー グローリー
2. Stage of the ground
3. 天体観測
4. ギルド
5. リトルブレイバー
6. 車輪の唄
7. 同じドアをくぐれたら
8. ランプ
9. 乗車権
10.K
11. ダイヤモンド
12. 夢の飼い主
13. embrace
14. ハルジオン
15. ロストマン

en1. スノースマイル
en2. fire sign
en3. ガラスのブルース

ロストマン聴いたのは、この10年前のPGSUファイナルが最初で最後でした……。
次はいつ聴けるのかね……。

グッズはTシャツの黒と、タオルと、ストラップを買いました。
が、ストラップは当日落としたのか忘れたのかで紛失してしまうという悲劇。



Tシャツは今でも夏場に着てますが、ボロボロになってきたのでタオルのみ。
タオルとTシャツはPGSUからずっと、自分が行ったライブについては歴代揃ってます。
昔のバンプのグッズの方が、デザイン好きだったんだよなー。ランラビも可愛いよね!
またこういうデザインのもの作ってくれたら嬉しいな。

一度思い出すと、いっぺんにあれもこれも記憶が甦ってきます。
ほんと懐かしい。
あの頃はもう二度と戻らないけど、私の心の中でずっとキラキラ輝いてます。
一生忘れないです。
posted by: サスラ | お出掛け/ライブ/イベント | 23:11 | comments(0) | - | - | - |
BUMP OF CHICKEN WILLPOLIS2014 劇場版
バンプのツアードキュメンタリー映画を観てきました。

映画館の大画面と音響で観るバンプのライブ映像は、本当に素晴らしかった……。
ステグラで始まったところは、鳥肌ぶわっと立ちました。
ライブ行ったときも泣いた銀河鉄道は、やはり歌詞替えで涙腺が緩む……。

それと、天体観測の途中で、初めてバンプのライブに行って10年経つこと、天体観測を初めてライブで聴いた10年前のことを思い出しました。

山崎監督のオープニングムービーのフルバージョンは、これだけでひとつの作品として観る価値ありです。
BGMもゲーム音楽っぽくて良かったなぁ。藤くん、またTOAみたいにゲーム音楽作らないかな?

客が映る場面が多すぎるのと、客のインタビューはいらないなと思ったけど、全体的に良い作品だったと思います。
来場特典のクリアファイルも貰えました!
職場で使おうかな……。

posted by: サスラ | お出掛け/ライブ/イベント | 22:13 | comments(0) | - | - | - |
京都
気付けばブログを1ヶ月以上更新してなかった!
毎日ツイッターで何かしら呟いてるせいか、どうしてもブログの方が長文のレポ的な内容になりがちで、書く回数が減ってしまいまう……。
でも辞めるのももったいないので、これからもブログはマイペースに続けていきます。

さて、もう2週間前ですが京都へ行きました。





天龍寺です。



蓮の花が咲いていて綺麗でした。











お庭など。小雨が降っていたのも、これはこれで良かった。





竹林の道。場所が悪かったのか、竹以外の木が結構あって、写真撮るポイントが見付からず……。



湯葉ソフトクリーム買い食い。



渡月橋。



野宮神社。縁結びで有名だそう。もちろん石を擦って、お願いしてきましたよ!

そして、今回京都まで行った元々のお目当ては、これでした。



東映太秦映画村で行われた、仮面ライダー鎧武のキャストトークショー!!

トーク時間は15分程度と、あっという間だったんだけど、キャスト陣のやり取りが面白くて、見られて良かったと思いました!
ミッチ役の真宙くんがね、もう可愛いの何のって!!そんな彼から「希望っていうのはタチの悪い病気だ。それも人に伝染する。紘汰さん、あなたはね、そうやって病原菌を撒き散ら しているんですよ!」という闇堕ち後の台詞を生で聞けたし、久保田が突如真宙くんを突き倒したかと思いきや、「大丈夫か、光実」と手を差し伸べ、真宙くんは「ありがとう、貴虎兄さん(ショタ声)」と手をとり、幼き日の呉島兄弟のシーンをやってくれたのも嬉しかった。
(小林豊曰く、これで「ご飯三杯いける」らしい。)

トーク後には鎧武とバロンのショーがあり、終わってからガワと握手。キャストじゃないんだしと気軽な気持ちだったはずが、いざ順番が近付くと緊張してしまった。鎧武の手、擦りきれてボロボロだけど温かかったです……。ハイタッチもした。

その他、映画村で撮った写真たち。









そして特撮タイムへ……。



歴代平成ライダー。



カクレンジャー!忍者忍者~!懐かしい!



鎧武とトッキュウジャー!



私が特撮にハマったきっかけのゲキレンジャー。理央メレは至高……。










京都感があまりない、ただのオタクな写真の集まり。

映画村、特撮好きにはたまらなかった。平成ライダーの変身音があったり、クイズやミニゲームもあって、子供だけじゃなくて大きなお友達も楽しめますよ!

長くなりましたが、ざっとこんな感じでした。
今度、また青春18きっぷ使って京都行きたいです。一人旅したい。





posted by: サスラ | お出掛け/ライブ/イベント | 23:05 | comments(0) | - | - | - |
Game Symphony Japan 1st Concert 交響組曲「ファイナルファンタジーVII」@2014/6/21(土)サントリーホール
サントリーホールで開催されたGame Symphony Japanの第1回定期演奏会へ行ってきました!
音響の良いことで有名なサントリーホールで、私にとって非常に思い入れのあるFF7の楽曲のみのコンサート。

開演30分くらい前に到着、パンフ購入して座席へ。
すると弦楽器4人によるフィドル・デ・チョコボの演奏が!これはサプライズ!
その後は植松さんと志村さんが登場して少しトーク。
「ゲームの映像を映してしまうと皆がそちらばかり見てしまうので……」と志村さんがおっしゃっていて、それだけお客さんに生の演奏をじっくり聴いて欲しいんだなと感じました。
トーク後、いよいよ開演。最初から最後まで、鳥肌立ちまくりでした。

【第1部】
オープニング ~ 爆破ミッション ~ 魔晄炉 ~ 爆破ミッション
教会に咲く花~ 急げ! ~ 闘う者達 ~ ファンファーレ
神羅カンパニー ~ 血の跡 ~ 更に闘う者達 ~ クレイジーモーターサイクル
F.F.VIIメインテーマ

オープニングで既に鳥肌、涙腺が緩む。
ステージから目が離せないのに、頭の中ではエアリスが、徐々に引いてミッドガルの全景が、FF7のタイトルロゴが、まるでムービーを見ているかの如く再生されました。
教会に咲く花では、クラウドとエアリスの出会いを思い出し、微笑ましくもしんみり。
と思えば、本編で最も多く聴いたであろう闘う者達や、更に闘う者達はかっこよすぎて痺れた。

で、クレイジーモーターサイクルからの、F.F.VIIメインテーマ!
薄暗く閉鎖的なミッドガルを出て、初めて広大なフィールドを見渡したあの解放感。これから広い世界での旅が始まるんだ!と期待に胸を膨らませたあの時の気持ち。
あまりの壮大さに感動して、涙ぐんでしまいました……。

【第2部】
5年前のあの日 ~ 星に選ばれし者
ゴールドソーサー ~ 花火に消された言葉
不安な心 ~ 俺は...誰だ ~ エアリスのテーマ
絶望の淵から ~ 山の向こうに ~ 空駆けるハイウインド
星降る峡谷 ~ 想いを胸に ~ 生命の流れ
悪夢の始まり ~ J-E-N-O-V-A

第2部はクラウドの過去やセフィロス関連の、物語の謎を象徴する曲からスタート。
星に選ばれし者はセフィロスきた!ってテンション上がる!
ゴールドソーサーは原曲だと楽しいテーマパークのイメージが強い曲ですが、オーケストラだと舞踏会のような優雅な印象にも感じました。途中で初舞台のメロディーが入ってたのが上手い。
そこからの花火に消された言葉では、エアリスの「わたし、あなたをさがしてる」という言葉が、頭から離れませんでした。

そして、エアリスのテーマ。
祭壇から落ちるマテリアの音が、ただでさえ泣ける曲なのに、更に鳥肌と涙を誘います。
鮮明に甦るあの場面。泣きながら戦ったジェノバLIFE戦。
パンフに書いてあったクラウドの「指先がチリチリする。口の中はカラカラだ。目の奥が熱いんだ!」……まさにこの台詞の通りの状態でした。

個人的に嬉しかったのは、コスモキャニオンの星降る峡谷が聴けたこと。この曲大好きなんです。レッドXIIIことナナキも大好きなので、父セトへの誤解が溶けて、背伸びを止めた一連のイベントまで思い出して泣きました。
神羅屋敷の地下やヴィンセント関連のイベントで聴いていた悪夢の始まり~J-E-N-O-V-Aへと続き、長かったようであっという間だった1部と2部は終了。
いやー、生J-E-N-O-V-A、凄かったな……。

【第3部】
北の大空洞 ~ 最期の日 ~ リユニオン ~ 完全なるジェノバ
神の誕生 ~ 片翼の天使
星の危機 ~ スタッフロール~プレリュード

休憩と、植松さん&志村さんのトークを挟んでの第3部は物語のクライマックス。
北の大空洞を進み、たどり着いた最奥でのジェノバ戦、リバース・セフィロス戦をそのままなぞるような流れ。
そして、FF7にこの曲は欠かせないと言っても過言ではない、片翼の天使。
初めて生で片翼の天使聴いたんですが、あのイントロを聴いた瞬間に心の中で絶叫して、コーラス聴いて更に燃えたね!原曲寄りのアレンジなのも嬉しかった。
最後はスタッフロールの後に500年後の再現があって、プレリュードで終わるところまで、徹底してゲームそのものの演出でした。

【アンコール】
ルーファウス歓迎式典
再臨:片翼の天使 ~Advent: One-Winged Angel~



アンコ1曲目は、何とルーファウス歓迎式典!
プログラムには無かったものの、オケで聴いてみたい曲だったので、まさか聴けるとは思ってなくて、思わず笑ってしまったw
東京混声合唱団があの歌を歌う中、会場は手拍子。あの瞬間はあの場にいた人達が神羅の社員に思えたw
アンコ2曲目はAC版片翼の天使。植松さんがコーラスに加わって、ギターとベースは激しくヘドバンで、楽しかったー!

プロデューサーであり指揮者の志村さん曰く、今回の交響組曲FF7は「サブイベントは除いて、ゲームの本筋のみ」の流れ、とのことでした。
その言葉通り、第1部~3部までが、まるでゲームをプレイしているかのように進んでいきます。
植松さんもおっしゃってましたが、構成が大変素晴らしいと感じました。
アレンジも原曲のイメージを崩すことなく、一部楽器を除き生音での演奏だったのも良かったです。

また、作中のイベントでのSEの再現が幾つかありました。
オープニングでの宇宙。心臓の鼓動。忘らるる都でのエアリスのシーンで、彼女のリボンから白マテリアが落ちて祭壇を転がる音。リバース・セフィロス戦前の会話の時の音。セフィロスとクラウドの最後の一騎討ち。エンディングとスタッフロールが終わって、500年後にナナキが子供2匹連れて崖の上に登って、草木の生い茂るミッドガルの全景が見えて鳥の囀りが聴こえ、タイトルがドン!と出るところ。
楽曲の流れの中に、これらSEの再現が加わって、より一層、FF7が頭の中で甦る。
ファンにはたまらない、最高のコンサートでした。

冬に再演があるそうなので、是非ともまた行けたらいいなと思います。
posted by: サスラ | お出掛け/ライブ/イベント | 22:28 | comments(0) | - | - | - |
GRANRODEO LIVE TOUR 2014 MAGICAL RODEO TOUR@ 6/8 名古屋2日目


6/8 (日) 愛知のZepp Nagoyaで行われたグランロデオのツアー名古屋公演に行ってきました。

今回のツアーは1曲目を公式で募集していたので、一体どの曲が来るのかワクワクしながら開演待ち。

開演と同時に流れてきたのはメリゴのメロディー。何だとっ!?と思っていたら、Black outのイントロが流れてきてうおおおお!!と一気にテンション上がりました。
まあ、1発目にメリゴってのもそれはそれで聴いてみたかったかもw

続いてシャニムニ。いつも後半に聴くことが多かったような気がするので、早いうちに聴くのが新鮮だった。
で、勢いはそのままにNPLSという、最初の3曲ですでに汗だくな流れ。この時点で結構叫んでたし、バテてた。

今回もメズマライズ聴けたました。やはりBメロとギターソロのヅカさんめっちゃ格好いい!メズマライズは毎回そればっかり見てる。
CDで聴いてた時からライブで生で聴くのを楽しみにしていた絶頂ポイズンは、すっごく楽しかったです!コーレスちゃんと覚えたよ!メンバーのあの髭は白雪姫の小人、だよね?

合法ではサイレントヒルでの煽りもありw、
久々にロンリーファイターでファイトー!して元気を貰いました!
アコステのウソノイロはしっとり聴かせてくれて、クールダウン。
アコステ明けのDAWN GATE~も初めてライブで聴いた。早くフルで聴いてみたいなぁ。でも、どうしてもサビがドンキーコングって聴こえてしまう……(笑)

その後は愛戦士~mscまで怒濤の盛り上がりラッシュで、腕を降るわ叫ぶはで体力戦!
ラストはツアータイトルにもなっている変マジでした。
恒例のぐらん!ろでお!のコール後のアンコは1発目は、まさかのギルティ!あまりの興奮にイントロで変な声出たわ!
昨年のCSTツアーの名古屋で、ちょろっとやってくれたギルティを、同じ名古屋でフルでやってくれたのが余計に嬉しい……。
終わったあとも冷めやらぬ興奮、だったのですが、ここできーやんが突然、「お願いがあります。……トイレ行ってきてもいい?」と言い、ステージから緊急離脱。
MCでも「今日は腹巻きしてる」と言っていただけに、お腹の調子がよろしくなかったのか、暫く戻らないので、ヅカさん達が名古屋の歌やドラゴンズの替え歌を歌ったり、一生懸命繋いでくれてました。
そうこうしている間に戻ったきーやんによると、カメラが入っていること(緊張?)と、汗を吸って腹巻きが冷えて逆効果だったことが原因だとか。
私がギルティで興奮しているその時、相当我慢していたようです。ストッパ手放せないね、きーやん。
全員揃ったところでアンコ2曲目のインフィニ、そしてダブアンの百均で、3時間たっぷり楽しませてもらったライブは終わりました。

続きにMCやセトリのことを。
続きを読む >>
posted by: サスラ | お出掛け/ライブ/イベント | 17:55 | comments(0) | - | - | - |
BUMP OF CHICKEN TOUR 「WILLPOLIS 2014」5/17 静岡エコパアリーナ②
バンプのWP2014静岡レポの後編。

MCもいつもながら面白かったです。

チャマの物販トークは「俺が子供なら王様(昨年のグッズ)とニコルを戦わせるね!(ドーン!ガキーン!ぐわぁぁぁ!と遊ぶジャスチャーと効果音)これで3時間遊べる!だからニコル買って」とのこと。

最近チャマがツイッター始めてくれたおかげで、各地方での今まで見られなかった、メンバーの和やかで面白い姿を見られるのが、とても楽しいです。
例のマスカワ開脚ポーズ、MCの時にヒロがやってくれたしねw
そのツイッターの写真(バスに乗ってる後ろ姿の3人)について、藤くんが「俺ってこんなに猫背だったんだw」と笑ってた。確かに。

藤くんによる地元トークは、「前日浜松に来て(目撃情報だと17時くらい?だそう)浜松城にタクシーで行って、秀ちゃんがじゃんけんに一人だけ負けてタクシー代払った。しかし行ったら受付は終わっていて、帰りはのんびりとバスで帰った(それがチャマの写真)」のだとか。
ちなみに、終演後にチャマがツイッターに、その浜松城公園内の橋にマスカワ、マス、フジワラが現れた写真を上げていて、大いに笑わせて頂きました。

毎回ある意味楽しみなヒロのMCは、相変わらずグダグダだったけど、とても頑張ってました!
whitenote前のMCは藤くんに誘導されつつ、「お前らー!」と照れながらも観客を煽ってたし、ドラゴンボールの悟空になりかけてたし。
舌をアニメみたいにペロッ☆って出してたの、非常にあざとかったです、ハイ。

タクシー代払った男こと秀ちゃんは、マイクなしで「静岡ーー!」「静岡ーー!!」と叫んでました。よく聞こえたよ!

島でのチャマによるメンバー紹介は、
「BUMP OF CHICKENのベース、グッズ、ツイッター担当の直井由文!チャマって呼ばれてます!」
「BUMP OF CHICKENの作詞作曲、ボーカル、ギター、そしてすぐ頭をぶつける滅茶苦茶優しい男、藤原基央!」
「BUMP OF CHICKENのギター担当、そして食への執着がすごい男(2回繰り返し) 、増川弘明!」
「BUMP OF CHICKENのドラム担当、そしてただじゃんけんに負けてタクシー代払っただけの男、升秀夫!」
という感じでした。

続きに写真、セトリを。

続きを読む >>
posted by: サスラ | お出掛け/ライブ/イベント | 22:03 | comments(1) | - | - | - |