PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
Dies irae 〜Amantes amentes〜 まとめ感想
戦後約60年経った日本で、第三帝国(ナチス)の亡霊である聖槍十三騎士団と、主人公藤井蓮との戦いを描いた本作。
ストーリーや世界観、キャラクターが好みでどっぷり嵌りました〜。
ジャンルは「学園伝奇バトルオペラADV」ですが、学園成分は少ないw

で、Diesといえば、厨二全開の詠唱でしょう!
古典や戯曲が元ネタになってるので、それ調べるのも楽しい。
個人的に好きな創造または流出は、

・涅槃寂静・終曲(アイン・ファウスト・フィナーレ)
・混沌より溢れよ怒りの日(ドゥゾルスト・ディエスイレ)
・死森の薔薇騎士(ローゼンカヴァリエ・シュヴァルツヴァルド)
・新世界へ翔けよ黄金化する白鳥の騎士(ヴァナヘイム・ゴルデネ・シュヴァーン・ローエングリーン)
・焦熱世界・激痛の剣(ムスペルヘイム・レーヴァテイン)
・死世界・凶獣変生(ニブルヘイム・フェンリスヴォルフ)※真創造

この辺かな。
螢√の雷速剣舞・戦姫変生(トール・トーテンタンツ・ヴァルキュリア)の、ベアザミ掛け合い詠唱や、
壷中聖櫃・不死創造する生贄祭壇(ハイリヒアルヒェ・ゴルデネエイワズ・スワスチカ)の、玲愛+三騎士+獣殿+ニートの団体詠唱も好き。
神父は詠唱よりも「ブリァアハアアァァ〜」の方がインパクトでかいwww

エンディングは、アフターの影響もあってマリィ√が一番好きだけど、全ての謎が明らかになり、蓮がヒロインと普通に生きていける玲愛√のほうがハッピーエンドだよね。

あと、Gユウスケさんのイラストは美麗でCG数も多め。
音楽は文句無しで最高に格好イイ!ゆいにゃんの歌うボーカル曲も好き。
一番のお気に入りはザミエル専用曲のEinherjar Rubedoだな。熱い。

声優陣の演技も素晴らしかった。この人の声じゃなきゃ駄目!っていうくらいの嵌り役も多かったです。

システム面に関しては、

・スキップが遅い&オートスキップがない
・誤字脱字が多すぎ
・画面下ギリギリまで文字が表示され見づらい
・ボイス音量小さすぎ(ボイス音量最大でBGMをかなり下げ、PSP本体の音量を上げて解決)
・セーブデータ選択時、もう一度ここを見たい!という時に探しにくい(何章か、誰√か表示があれば親切)
・選択肢でセーブしようとしたら1回フリーズした

と、色々酷い……。BGMの入れ替わりもあるしさ。快適なプレイを望む場合はPC版推奨かと。


かなり長くなるので続きます。
続きを読む >>
posted by: サスラ | Dies irae | 18:48 | comments(0) | - | - | - |
Dies irae 〜Amantes amentes〜 OTHER STORY 05+カリオストロの女神ドキドキ観察日記
玲愛ルートクリア後に解放されたアザーストーリーと、特典のドラマCDの感想。


・Nihil difficile amanti

何ですかこれ!!アンナちゃんが可愛すぎて!私は始終ニヤニヤしっぱなしでしたよ!

ロートスに馬乗りになって、顔を真っ赤にして一世一代の告白をする乙女アンナちゃんにキュンキュン。
恋敵が女性じゃなくて、安定のミハエルになってたけど違和感ないw
英雄様に夜のティーガーぶっ込まれるロートスも見たいですけど。

そんな乙女アンナちゃんに「勃たない」だの、「おまえ、リザの声真似とかできる?あれすごいエロくて目ぇ閉じて聞けばガチ燃えすると思うんだけど」だの、さらっと言うロートス。
怒ったアンナちゃんの心の声、

「ちょっと誰か、パンツァーファースト持ってこい」

には全面的に同意である。
まあ、結局何だかんだでロートスとの子を身ごもり、彼との約束通り日本に子孫を住まわせることは出来たわけです。
その曾孫にあたるのが蓮。
何だ、ちゃんと勃つんじゃないですかロートスさん。

蓮と玲愛の結婚式では、ババ…ベアトリスの計らいで蓮とバージンロードを歩けることになったアンナ。
蓮には自分が曾祖母であることは伏せてますが、いや…本当に良かったね……。
本編では玲愛ルート以外は散々な扱い、その玲愛ルートで明らかになった過去も悲惨だったからさ。
ラインハルトからも「幸薄い女」とまで言われていた彼女が、幸せを感じている姿を拝めて良かった。
ウェディングドレスに身を包み、満面の笑みを浮かべるアンナちゃんのCGで報われた。

ベアトリスは、式場でもぐいぐい屑兄さん落としにいってて笑った。完全にセクハラ婆あw
でも戒ベア好きとしては嬉しい限りでした。

で、ロートス×ルサルカ(アンナ)に萌えていたので、結婚した玲愛に関してはどうも印象が薄くてですね……。
嫌いじゃないんだけど……あれだな。私がマリィや螢が好きなせいなんだ、きっと。
医者を継いだエリー、警官の螢、教師の香純という中で、ニートの玲愛が真っ先に結婚するのはどうなのwww
あ、髪伸びた香純は可愛かったです。


変態ドラマCDの話は続きに。
続きを読む >>
posted by: サスラ | Dies irae | 23:21 | comments(0) | - | - | - |
Dies irae 〜Amantes amentes〜 氷室玲愛ルート+三つ巴ルート感想
いや〜グランドルートだけあって、非常に濃かった。
つか、玲愛√ってマリィ√後から回帰してるのか……。


今回最大の見せ場といえば、間違いなくラストバトルのラインハルトVSメルクリウスの双首領対決でしょう。
メルクリウスの自滅因子として目覚めたラインハルトは、自身の愛するレギオンと共に、今まで舞台裏から眺めているだけだったメルクリウスを引きずり出して挑みます。
対するメルクリウスは、座の神として真の力を解放、ついに重い腰を上げラスボスとして君臨。
おお、これは実に、実に至高の戦いではないですか!!何たる燃え!何たる愛!
ラインハルトの愛が炸裂でしたよ。
え?主人公とヒロイン?奴らの共倒れ狙いだから蚊帳の外です!

しかし、メルクリウスとその自滅因子のラインハルトが争えば必ず相討ちになってしまう。
結局「ヤダヤダこんな結末認めないやい!」と、メルクリウスは流出をし、今回もまた回帰するかと思いきや……。そこに現れたのは黄昏の女神、マリィ。
全くの予想外、未知の事態に驚愕し混乱するメルクリウスがあまりにも新鮮だった。
マリィは怒っていたし、自分達の勝利であることは強く強調。
当初描いたシナリオとも違ったけど、この結末(マリィに抱かれて死にたい)のためだけに永劫回帰を繰り返してきたメルクリウスは涙を流し、望み通り女神の抱擁で終焉を迎えます。
今までうざくて腹立たしい言動ばかりだった奴ですが、根は物凄く一途な……単純にマリィを愛していただけなんだよね。
完全に片思い、且つすこぶる変態だったってだけで。

その後、ロートスとラインハルトは「俺たちは永遠になれない刹那だ」「飽いていれば良い、飢えていれば良いのだ」と、新世界で人として生きていくことを誓い(脱厨二病宣言)、このDies iraeという厨二病羅患者たちのお話は幕を下ろすのでした……。

PSP版で追加された三つ巴√では、ラインハルトVSメルクリウスで蚊帳の外だった蓮が、マキナの言葉を受け戦いに割って参戦。永遠の刹那VS黄金の獣VS水銀の蛇!
ラインハルトのレギオンから司狼と一部の黒円卓メンバーの引き抜き、司狼の創造?もあって面白かった。
マキナ大活躍でした。あれ、これはマキナ√じゃね……?
造反者たちすら愛おしむ獣殿は、さすが総てを愛しておられる。

この三つ巴ルートはKKKを意識してるんだよね?早くやりたいな……。移植待ち。

長くなるので続きます。

続きを読む >>
posted by: サスラ | Dies irae | 19:26 | comments(0) | - | - | - |
Dies irae Aa プレイ日記5
Dies Aa、結局9月中に終わらせられず、ようやく玲愛ルート11章まで終わった。

黒円卓メンバー同士のバトルが熱いルートだね。
特にベイVSシュライバーは、今まででも個人的に1、2を争う燃えバトルだった!!
黎明の時の台詞をお互い言い合うところは、ベイ並みに込み上げて来るものがw
結果で言えばベイは負けてしまうわけですが、それでも満足して逝けたからいいのかな。

で、ここで誰よりも強烈だったのは、間違いなくベイの母にして姉であるヘルガ。
そのぶっ飛び具合と言ったら、あの司狼をドン引きさせ、ベイに「ご愁傷様といってやるくらいの気分はある」と言わせるほど。
実の父から犯され、そうして産んだ子であり弟のベイにも、犯され殺され燃やされたヘルガ姉さん。
彼女は全く恨んでいないどころか、「お父さんはいつも可愛がってくれたのに、ヴィルったら奥手で…/////」とか何とかうっとり話す始末……。
家族同士が愛し合って絆を深められるのは幸せ、というネジ何本飛んでるか分からないような病んだ考えをお持ちでした……。
といっても、彼女はヘルガ本人の魂ではなく、聖遺物である闇の賜物がベイの記憶にあるヘルガの姿を形作っているだけみたい。
まあ、記憶にあるってことは元々こういう人だったんだろう。
また、中の人の演技が素晴らしいんだわ。狂気に満ちた愛が見事に感じられます。

黒円卓残存組の神父、リザ、ルサルカが城で隊長三人と各々戦闘をするところも面白かった。
元の肉体に戻り、その能力でシュライバーを狂わせた神父の狡猾さはさすが……。
他ルートでは、黄金錬成の真実を知らないまま早々に退場していたルサルカとリザは、今回真実を知って反旗を翻すので、見せ場が多かった。
リザとザミエルの女同士の喧嘩とか、ルサルカのヒロインとしか思えない扱いとか。

反対に、これまでどのルートでも大活躍だった螢は、黒円卓同士討ちを狙う玲愛の嘘の情報に踊らされ、イザークに英雄失格と判断されて城から伸びた手に捕まれ、ベイに串刺しされ退場という、何とも可哀想な扱いに……。
当然カインもほとんど触れられず、ザミエルに燃やされ瞬殺。あっけねえ。

……敵サイドの話ばかりしてたけど、もちろん主人公サイドも忘れてないよ!
蓮の変身(?)と、またしても劇的な復活を果たした司狼が格好良かった。自滅因子ね……。


今月中には何としてもDiesフルコンプ目指して頑張ります。

posted by: サスラ | Dies irae | 23:35 | comments(0) | - | - | - |
Dies irae 〜Amantes amentes〜 OTHER STORY 04
マリィルートクリア後に解放されるOmnia vincit Amor(60年後のマリィEDアフター)の感想。

泣いた……。ハッピーエンドで良かった……。報われたよ……。
ロリマリィと蓮が再会して、蓮が泣くところで貰い泣き。エンドロールで流れるSanctusがまた良い曲だわ。

あと、香純良い子すぎて……。
あんまり世話焼き幼なじみキャラ好きじゃないし、時々ウザいと感じるところもあったし、本編じゃ後半どうしても空気になってたけど、香純がいなきゃ駄目だ。
おばあちゃんになっても、ずっと陽だまりを守っていてくれたんだね。


黒円卓メンバーもそれぞれ幸せな人生を送っていて、安心しました。
偶然出逢ったベアトリス、エレオノーレ、白アンナ、赤アンナ、リザ、ヴァレリア、イザークで記念写真を撮るところでUber den Himmelが流れてきて泣いちゃった…。
写真にちゃっかりベイと獣殿の後ろ姿も……!もう一人は誰だ?マキナ?

それにしても、白アンナちゃんかわいい!



女の子になったのね。ムッターに似て将来ばるんばるんなおっぱいに成長するなんて、楽しみ!
一番不幸な幼少期を過ごしたシュライバー(アンナ)だったから、両親から愛されて、無邪気に笑う白アンナちゃんを見ただけで、救われた……。

戒ベアは晴れて結ばれました!
しかし、イケメン彼氏よりツンな同性の先輩に調教済みな後輩、そんな後輩のことを悪い気はしない、とビッチじゃなくなって普通に可愛い赤アンナに漏らしてた先輩。
何この百合。ごちそうさまでした。
そうそう、エレ姐の胸は全部筋肉という事実も判明。……硬いのか。

リザとヴァレリアは夫婦になっていてびっくり。
イザークも両親から愛されいて安心した。
リザの第二子はヨハンかな?

ベイはシスコン、チンピラ、蝋燭ノッポ、モテない、気持ち悪いだの、ベア&白アンナにボロクソ言われてて笑ったw

そして、まさかのシュピーネさん登場には吹いた。清掃員ってwww
黒円卓メンバー再会に胸が熱くなっていた状態での不意打ち登場。
記念写真撮ったのシュピーネさんなんだよねー。美味しいとこ持ってった。立ち絵はないけど(笑)
posted by: サスラ | Dies irae | 18:58 | comments(0) | - | - | - |
Dies irae 〜Amantes amentes〜 マリィルート感想
Dies Aa、マリィルート終了しました。

香純&螢√と比べると王道なエンディング。終わり方が結構好き。
螢、司狼、エリー、玲愛は命を落としてるし、マリィもいないけど、獣殿は倒したし、「好きな女に溶かされるなんて、最高のエンディングだと自負している」と蓮も言っていて、最後のマリィのお墓参りのシーン的にも、一応ハッピーエンド……かな。
マリィが抱きしめる新しい世界は輪廻転生、またみんな出会えるからさ!!
アフターは泣いちゃったよ。

終始ウザかった変態ストーカーこと、メルクリウス関連は笑った。
この永劫回帰の世界を終わらせてマリィを新世界の女神にする、そのオペラのための黒円卓、ツァラトゥストラ。
全て計画通りに進んで、自身は愛しの女神に抱きしめられ(斬首されて)最期を迎える……完璧なシナリオだったはずが、最後の最後に「フリンなんだよ。いけないんだからね」とマリィは抱きしめることを拒否!
振られてポカーン、そして、自分の代替(息子)と好きな女をくっつけてニヤニヤしてる変態だったメルクリウスが……初めての嫉妬!!
その後の世界では一人だけ放置される始末。ざまぁwwwww


戦闘シーンはどれも熱く盛り上がりました。
一番燃えたのは、やっぱり完全復活した獣殿VS蓮の戦いかな……。蓮VSマキナ、司狼+エリーVSシュライバー、螢VSザミエルも、もちろん面白かった。
螢が自身の顔を気にするところは泣けた……。

あと、個人的にツボだったのが、獣殿が団員たちの創造を使うところ。
詠唱が本家と違って、本来の術者の渇望(例えばベイの薔薇騎士なら「夜に無敵の吸血鬼でありたい云々」)なんだけど、獣殿ね、ザミエルの焦熱世界・激痛の剣(ムスペルヘイム・レーヴァテイン)も使ってくるんですよ。
「我は御身の胸で焼かれたい(ずっと好きな人の傍にいたい)」……この純情乙女な渇望を、あろうことか黄金の獣本人が高らかに唱い上げるという羞恥プレイが!!
私、PSP握りしめて萌え転げました。
その場にザミ姐がいたら、あまりの恥ずかしさに失神するだろ……。想像するだけで萌えるw
螢√のベア子の指摘に続き、今回はタワーで螢に「その歳で心まで処女だなんて、終わってるのよッ――!」とか言われてましたが、そんな30歳+60年物の乙女なザミ姐可愛いよ。


今日はマリィEDアフター終わったので、また後日感想書きます。
次はいよいよ玲愛√だ!
posted by: サスラ | Dies irae | 19:00 | comments(0) | - | - | - |
Dies irae Aa プレイ日記4
夏休み終わって仕事が始まったら、案の定全然進まない。困った!
日曜日に数時間しかゲームできない現状……。でも、頑張って今月中にフルコンプ目指します。

マリィルートは、香純&螢ルートと色々と違うから読み出すと止まらない。
マリィが成長していくのを見られて嬉しい。
「なに俺の女ボコってんだ、殺すぞ」って練炭の台詞を受けたマリィの、「わたしの男ボコってんじゃないわよ、誰にも渡さないんだから」が好き。
っていうか、マリィには練炭がツンデレせずに優しいw

クラブを襲ったルサルカにエリーと司狼は食べられてしまうんですが、司狼は後にルサルカの腹を食い破って、聖遺物強奪、一部知識吸収し復活。かっけえええええ!
しかし、あの下腹部破裂CGのルサルカ、絶対にパンツ見えてる……CS版でパンツはよろしいのだろうか?

ルサルカは悲惨な末路だったよ……。シュライバーのマジキチっぷりには安心したよw
おおおおお僕のアンナこんなにしたユサシロー!!アンナは僕の恋人!とか何とか叫んだと思えば、上半身だけのルサルカに顔面グーパンチ!
ルサルカは、恋愛感情的な意味で好かれていると思っていたわけだけど、違うよね。特別視していたことには変わりないけどさ……。

復活した司狼VSようやく望んだ相手と殺し合いが出来るぜ嬉しくてたまんねぇよヒャッハー状態のベイとの戦闘、面白かった!
シロ助、ハリネズミ、レトロ野郎……司狼のネーミングセンスは素晴らしいw
そして、ベイはまたしてもあと一歩というところで、シュライバーにより退場……。可哀想に。

それで、一つ気になったのが、ここの司狼VSベイの、ベイの音声だけ明らかにくぐもってて、音質悪いこと。叫ぶと音割れてる……。
司狼はそんなことないし、今まではこういうことなかったんだけど、何なんだ……?
せっかく戦闘盛り上がっているのに、台詞が聞きづらかった。

螢の、自分がもし普通の学生として普通に暮らしていたら……という、有り得ない日常の妄想は切なかったな。
それこそが屑兄さんとベア子の望みだったのに……。そう思ったら悲しくなった…。
その妄想の同級生のうち、片方の声がどうしてもペルソナ4のクマにしか聞こえないくて笑ってしまう。語尾にクマ、って付いても違和感ない……。
たぶん、リザの中の人?もう片方はシュライバーの中の人だとすぐ分かった。
Diesは、メインキャストが割とモブの声やっているね。

posted by: サスラ | Dies irae | 23:57 | comments(1) | - | - | - |
Dies irae 〜Amantes amentes〜 OTHER STORY 03
螢ルートクリア後に解放されるVerfaulen segenのざっくり感想。

本編で断片的に語られていた11年前の黒円卓VS双頭鷲の戦いと、戒ベアのお話でした。
二人がどういう末路を辿るかは本編で既に分かっていて、分かってるからこそ余計に切なかった。
CCFF7をやっていた時も、こういう気持ちだったっけ。

お互いに相手を想っていて、でもそれぞれ守りたいもの、救いたい人があって、だから引けなくて、戦う羽目になってしまい……。
うわあああ戒ベアああああ(;´Д⊂)
結果、ベアトリスは命を落とし、戒はトバルカインとして生ける屍に。
螢は黒円卓に入る道へ……。
上手い具合に神父の手の平の上で踊らされてしまったね。あの金メッキめ!
ジークリンデの言う通り、この日を境に色々狂ったな……。

双頭鷲のメンバーはそれぞれの因縁の相手と戦闘。
いくら鎧を剥いだからといっても、勝負になりませんでしたな。
いや、ジークリンデは最初からそういうつもりじゃなかったんですがね。

アルフレートはベアトリスの幼なじみ。
彼女に想いを寄せていたからこそ、道を踏み外した彼女が許せず、ならば自らの手で……と。
紳士な爺さんだった。普通に惚れる。
ベアトリスが普通に生きていたら、この年齢かー……。

フォルカーは……中の人の演技も相まって、うん、気持ち悪かった。
アンナ(ルサルカ)を想い、常時下半身フルオッキな粘着ストーカー!
こいつをド変態にしたのは、「若い子食べまくりの旅」なんかしてたビッチロリババアの自業自得です。

ジェーン・ドゥは病んでたw
もうね、ベイが可哀想でならない。あいつ何であんなに女(男)運ないの?病んだ奴しか寄ってこないじゃねーか……。
それでいて、自らが望んだ相手(今回はベア子)は取り逃がす……。

あと、ロリ玲愛&螢が可愛すぎてニヤニヤしてしまった。



大好きなベアトリスから奪った竹刀を振り回す螢、ドイツ語の歌を唄う玲愛……お前ら天使だよ。

ああ、そうそう、今回のお話はシュピーネさんがびっくりするほど大活躍でした。
あの形成(笑)こと、シュピーネさんが!終始キラキラ輝いてたんだよ!!
ちょっと格好良く思えたのは、……気のせいだろう。

posted by: サスラ | Dies irae | 22:51 | comments(0) | - | - | - |
Dies irae 〜Amantes amentes〜 櫻井螢ルート感想
螢は、その言動から大人びてクールで強い印象を与えがちなんですが、内面はとても幼くて弱くて、脆い子。
兄とベアトリスのいる穏やかな日常を取り戻したい一心で、普通の生き方を捨てて黒円卓に入り、頑張って全力で駆け抜けて来たからこそ、黄金錬成の真実に絶望するけど、今回は蓮に支えられ立ち直ります。
香純√では耐えきれず自害だもんね……。

で、燃えるような熱いハートの持ち主でもあり、且つ粘着質ツンデレw
そんな螢が可愛いです。蓮とのツンデレ同士カップルには萌えまくった(*´д`*)
まあ、学校で螢からキスされた蓮の「つーか、おまえ俺のファーストキスを……」は、どっちがヒロインなんだよ!と思ったw
そんな蓮、終盤は渇望が変わったね。「おまえが――俺に惚れなきゃ、意味がねえだろッ!」という痺れる台詞も出た。さすが主人公!

獣殿が不完全とはいえ復活からの流れは、息つく暇もなく戦闘の連続。
城では蓮VSマキナ、ベアトリス(カインから解放され一時的に魂復活)VSザミエル、螢VSラインハルトが同時進行。燃える!

最終的に蓮と螢、(ルサルカの聖遺物を奪った)司狼で獣殿とメルに挑むのですが、圧倒的な強さと、重なる悪条件に全滅寸前……。
そこへ、皆を助けるためメルの交渉に応じた香純により、戒が復活。
自ら盾になって蓮たちを逃がすところは、泣けた。螢の叫びが……。

ゾーネンキント権を奪い取った香純は、自身は誰とも知らない男との間に子を産み、第二のバビロンになるという対価を……。
それでも一応、螢√は蓮サイドの人は生きているから、まだ未来はあるか。

後半はベアトリス大活躍でした。あれ、これベアトリス√……?
戒ベアの悲恋っぷりが涙誘うよ…。屑兄さんの「君はキレイだよ」、ベア子が消える間際の「ずっと……言いたかったの。愛してる」とか……。

ベア子VSザミ姐の主従対決も素晴らしい百合でした。
生前のベア子の願いは、変わってしまった上官を救うこと。
そのザミ姐は、獣殿への自身の気持ちを「忠」だと断言するけど、「黄金の輝きに永劫焼かれ続けていたい」という渇望は、つまり「永遠にラインハルトの傍にいたい」という、純粋な恋する乙女そのもので。
それに気付かない、認めようとしない辺りがまた……。
てか、獣殿は「女は所詮駄菓子にすぎん」とかいう人だぞ!イケメンだけど。


次はマリィ√の前に、解放されたOHTER STORYやってきます。戒ベア!
posted by: サスラ | Dies irae | 22:56 | comments(0) | - | - | - |
Dies irae Aa プレイ日記3
今日は非常に天気が悪かったので、墓参りも買い物も諦めて丸一日引きこもってゲームやってました。
夜中とか朝の雷はやばかった。揺れた。


そのおかげでDies irae Aaの螢ルートは順調に進められてます。

クラブでの戦闘後、倒れた螢を介抱したときの諸々は、18禁版だと何だったのか容易に想像付くのですが、CS版は腕に噛みつき血液を飲む描写になってました。
しかし、その後の螢の台詞、18禁版のものをそのまま使ってるらしく。
中の人の演技がどう考えてもそういう感じの演技で、思わず笑ったw

余談ですが、クラブでの戦闘というとリザのパリッダ・モルスの発音が素晴らしいので、聞き惚れてしまいます。
カイン起動前の扉を開けるときの詠唱も素敵な発音です。

そのリザを殺すのは、香純ルートと違って、一時的に復活したエレオノーレことザミエルでした。
キルヒアイゼンを殺したのは誰か?とリザに問いながら、死んだベアトリスのことをボロクソ言いつつも「頭の悪い我が手弱女を摘み取った者がいる。」との発言に、思わず萌えてしまった。
やだ、ザミエル卿ったら素直じゃないんだから……。

学校でベイが薔薇騎士使用するも、ここのスワスチカを開いたのはそのベイ自身の命でしたねえ……。
神父がベラベラと隠さず話をしている辺りで、ベイは気付くべきだったと思うのだよ……。
それより、薔薇騎士の詠唱は、いつになればフルで聞けるの?


そして、ついに大隊長御三方復活。
無精髭のおっさんが私好みだからだろうか。……マキナからは謎の色気を感じる。
Gユウスケさんの男キャラは大体みんな格好いいけど、個人的にマキナは黒円卓の中で一番格好いいと思ってるw
練炭勝てるのかね……。
タワーの前で、囃し立てる一般人に見せつけるようにルサルカの頬にちゅーをしたときのシュライバー、可愛すぎて悶えた。
が、そこはさすがのシュライバー。
そのままルサルカをグルグル回して一般人轢殺というはっちゃけっぷりwww

そのルサルカは、シュライバーから逃げるようにタワーに登った結果、神父に「あれが聖餐杯だよ!」と吹き込まれたカインにあっさり殺害され、スワスチカがまた開いてしまった……。

今日は、保護した玲愛から少し話を聞いて、司狼と話して、螢に会いに行くところまで。
黒円卓のメンバー減っていくのが寂しいね……。
posted by: サスラ | Dies irae | 23:56 | comments(0) | - | - | - |